2021
10.15

発見+PLUS

食べる人、作る人を″笑顔″にする北海道米

ホクレン農業協同組合連合会 米穀部 主食課 長尾 誠也

  • 新米の季節がやってきました。実は北海道は全国でも1、2位を争う米どころ。「ゆめぴりか」をはじめ、おいしいお米が揃っているんです。
    今回は、新米時期ならではのおいしい炊き方など、ホクレン主食課の長尾よりご説明いたします。

    ホクレン農業協同組合連合会
    米穀部 主食課
    長尾 誠也

北海道米の美味しい炊き方をここに伝授します!

さあ、皆様お待ちかね、″新米″の美味しい季節がやってきました!今年のお米は、好天に恵まれたこともあり大変美味しい仕上がりとなりました。そこで今回は、北海道米の魅力をより引き立たせる「炊き方」を伝授いたします。

  • 精米3合(450g)に対するおすすめの加水量


  • 皆さんは、品種ごとに美味しく炊き上げられる水加減が異なることをご存じでしょうか?お米に含まれるでん粉の質(保水力など)が品種ごとに異なるため、適正とされる水加減も異なります。右のグラフを参考に、お好みに合わせてご調整ください!
    また″新米″はお米に含まれる水分量が多いため、軟らかすぎると感じられた場合は、若干水量を減らしてお試しください。

〇北海道米の美味しい炊き方

  • ,米の量を正確に計り、ボウルに入れる。

    ⊃紊鯑れ下から5回かき混ぜ、最初の研ぎ汁はすぐにすてる。

  • 「10回研ぎ⇒90度回す」を4回繰り返し合計40回研ぐ。※指先を立てて、軽くひっかくようにリズムよく

    た紊鮹蹐ながら、下から上に10回かき混ぜて水をすてる。この作業を濁りがほぼなくなるまで繰り返す。

  • ズ埜紊里垢垢が終わったら、水をギリギリまですてて釜へ移す。

    ι兵錣帽腓錣擦寝耽緡未膿絏淡困鯆汗阿垢襦※普通精米、無洗米とも同じです。

    1時間以上浸漬し、炊飯スタート。

  • ┸罎あがったらすぐにシャモジでほぐし、余分な水分を飛ばす。※十字に切って、ごはんを下から上に返して軽く広げるように。

    美味しいごはんの出来上がり!!

    (監修:ホクレン農業総合研究所)

  • 今回ご紹介した炊飯方法は
    「北海道米LOVE YouTube」で配信中です。
    ぜひ、ご覧ください!

  • 北海道米アンバサダーが、SNSで
    北海道米のイベントやごはんが進むレシピ、
    食育レシピなどを紹介しています!

新品種「えみまる」をご紹介!

  • 北海道米の持続的な生産を目指すための直播米

  • 北海道の稲作農家は現在、厳しい課題に直面しています。水田の集約化が進み、一戸当たりの作付け面積は増加しましたが、生産者の高齢化や次世代の担い手不足などから、作付面積の減少が止まらない状況にあり、農作業の省力化が大きな課題となっています。また、育苗に使用する苗箱はプラスチック製品のため、近年の原油価格高騰等の影響による資材価格の上昇も大きな負担となっています。
    そこで、北海道米の持続的な生産に繋げるために品種改良を重ね、3年前に直播栽培向け品種「えみまる」が誕生しました。

  • 「えみまる」は、従来の直播向け品種「ほしまる」の″まる″、おいしさと省力的な生産のしやすさで消費者・生産者ともに″笑顔″になるという意味を込めて名付けられました。
    直播栽培とは、通常の移植栽培とは異なり、水田に直接種籾をまいていく栽培方法で、労働負荷が大きくかかる育苗作業を削減することができます。また、育苗で使用するプラスチック製の苗箱が不要となるため、生産者のコスト負担と環境負荷の軽減にも寄与する″サステナブル″な栽培方法とも言えます。

  • 直播栽培「えみまる」の食味官能評価の結果

    ※基準(0.0)は移植栽培「ななつぼし」
    (道総研上川農業試験場提供)


  • 今春、ホクレン農業総合研究所が「ライスボールプレイヤー」こと、札幌市のおにぎり専門店店主 川原悟さんとタッグを組み、「えみまる」の魅力を引き出したおむすびを作るため、【「えみまる」70%:「ふっくりんこ」30%】のブレンド比率を導き出しました。「えみまる」の食味は「ななつぼし」並みとの高い評価を受けており、味はもちろん、握りやすさにもこだわったので、ぜひご自身でブレンドをお試しいただき、美味しいおむすびをご堪能ください。農作業の省力化と良食味米の両立を実現した「えみまる」を食べると、思わず素敵な″笑顔″がこぼれるはずです。